創造的でいたい
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
03
14
Mon
緊急地震速報が鳴る・・これは覚悟したほうが良いかな
でも今住んでるトコは免震構造だから揺れはひどくはならないだろし、大丈夫かなぁ
で、結局机の下にもぐることもなく揺れてる間ふらふらしてた。感覚としては震度3-4ぐらい(地上は震度5弱)だったので大丈夫だったけど。
やっぱりTwitterで地震TLだな・・・
あ、パソコンと照明が切れた・・・停電。
これは結構大変な地震だったのかなぁ・・・
恐らく自分の建物が倒壊とかは有り得ないと思ったので落ち着いて着替えて準備する。
倒壊被害なんかは全く見えないから自分の地域はそこまで深刻じゃないみたいだし、とりあえず下へ出て情報収集。
カメラを持って←
ごめんなさい...
停電は広範囲だけど地域によっては無いことと、停電のせいで店の営業が全部ストップしたことを把握。
電車もなかなか来ないようだからストップしてるだろうと把握。案の定そうだったけどね。
公衆電話で親と話して、ようやく地震の概要情報を把握。東京直下か東海地震かなと思ってたけど、三陸沖とは・・。
地震の揺れの大きさとしては自分の地域は危険なレベルじゃないことと、停電してるとこれから大丈夫かなという不安(店が営業しない、暗くて家で過ごすのが難しい等)、停電してない地域が近くにあることから、
自転車で他の地域へと脱出した。
ニュースを後日見ると、停電ごときで避難するのは甘えだったかなぁと思ったけど。

途中の様子も緊急事態という感じがあまりしなくて、停電してない地域は店が開いてるトコも多かったりと割と普通な印象。交通機関が乱れていたり主要な店が閉店してる以外は。
なので、なんだか大変な事態なのかそれともそうでもなかったのかがわからなかったという印象。目に見える建物の被害もほとんど無いので。
確かに鉄道が止まってれば大変な事態かもしれないけどその時はまだ首都圏の路線はじきに運行再開するだろうと思ってたので...
停電状況がどうなったかを把握したいので、ネットカフェを探す。
探してる途中、見知らぬJKが「ホームレスみたい」という言葉を自分に投げつけたような気がするけど(無視したから真意は定かではないが)、
家が停電して使いものにならないからホームレス同然ですw
深刻な被災者から見ればわがままなんだろうけど。

適当に自転車を連れて歩いて探してもなかなか見つからなかったので近くにいたおまわりさんに質問(わがままかなと思ったけれども..申し訳ない)
で、おまわりさんも知らないということ。
どうしようかなーっと思って、もう少し適当に歩き回ったらネカフェ発見。
会員料金も取らないところだったので一安心。
ここで、詳しく地震の情報を収集。
こういうときは結構Twitterが役に立つんだなぁと。
Google検索だとなかなか見つけられない、地域の停電状況もTwitter検索なら一発で。
まあ結局依然として停電が続いているという情報だけ得られたんだけれども..
それで、マグニチュードなどの具体的な情報を仕入れることも出来て、一安心。
情報のあると無いでは結構不安感が違うんだなと実感。

満足に情報が得られたところで離脱して、親のいるところまで行こうかなぁと自転車を進めたのですが、とf中でその旨を公衆電話で連絡しようとしても応答なし。おそらく仕事に出て留守っぽいなぁ・・・ということで、
なら停電覚悟で戻るか。復旧してたら万々歳、してなかったら星空でも見ようw
ということで別ルートで戻ることにw
勘で行ったら途中で元に戻っちゃって、自分の方向感覚が地震によって狂ったことを疑ったけれど←、なんとか確実に帰れるルートにたどり着く。
ここまで全て街灯はついているようだけれども、問題はここから。
山を越えて、トンネルを抜けて、坂道を下れば自分の街というとき、

「トンネルの向こうになんか光が見える!これは復旧か?」

と思っていたら、
車のヘッドライトで反射された標識だった
結局街灯が無い・・・手旗信号・・・!?ということで停電に気づく。
なんか車のライトで明るいけど、どこかなんか不自然な感覚・・・。
車のライトが明るすぎて暗順応出来ないのがちょっとなぁ・・・と思いつつ、進んでいく。
裏道を覗くと完璧に真っ暗なようで入るのは危険な印象。
道なりに進むと、ちょっと明るいところがある・・・うん?って思ったら、そこが駅だった。
周りには電気がついてるところがほとんど無くて、なんか不思議な感覚。
でもライトが無いわけではないから、先が見えないことも無い。
そんな不思議な感覚を味わいつつ、写真を撮ってた←
DSC_0001.jpg
↑駅前に着いた時の様子
DSC_0008.jpg
DSC_0013_20110314010200.jpg
DSC_0015_20110314010159.jpg
DSC_0017.jpg
↑駅前の広場から
DSC_0018.jpg
DSC_0030.jpg
↑停電している地域を眺める
DSC_0036_20110314010213.jpg
↑停電してるところとしてないところの境界線を感じる1枚

停電してることを承知で家に入って、大丈夫かなと思ったけど、カーテンを開けると意外と明るく感じる。
遠くの街並みや非常用電源での光、そして星たちのおかげなのだろうか、どこにものがあるかどうかが分かる。
電池式のマウスを懐中電灯代わりにすれば結構いけるんじゃないかといった印象。
もしこのまま停電が続くのなら停電してない避難所へ行くことを検討してたが、そのときに幸い、近隣の地区が復旧するのを見て、しばし星空や街並みを見ながら待っていると、停電も復旧。

冷蔵庫の中が心配であったけれども、9時間の停電にもかかわらず冷凍庫の中のアイスが無事だったことに感動したり。
扉を開けなければ割りと大丈夫なものらしいですね。


そういえば首都圏では輪番停電で日常的に停電が続きそうですね・・・
停電でパソコンが出来なくなったり、暗くてたまらなくなったら外へ出るなり景色や星空を見るなりして気分転換したいところです。
そろそろ三脚ポチって来る←


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://nk1616.blog73.fc2.com/tb.php/185-cc6a0bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Profile

空雄(旧HN:旅音)

Author:空雄(旧HN:旅音)
東京工業大学第5類生

/hidden
詳しいことは↑を見て。

もらって嬉しいもの。
テンプレートに関するおほめの言葉に対しては、喜んですべて目を通させていただいておりますし、それがブログテンプレート製作の原動力にもなっていますが、誠に申し訳ながら返信しておりません(返信するとしたらどうしても決まったパターンでしか返信出来ませんので・・・)。 また、質問に関しても返信が数日遅れることがあります。 その点をご理解いただけると嬉しいです。
最新記事
最新トラックバック
My black history
Category
適当に色々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。