創造的でいたい
2009/11«│ 2009/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/01
--
--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12
16
Wed
デジタル一眼や一部の高級カメラでは、RAWファイルとして保存出来ることになっていますが、そのRAWファイルの威力とは具体的にどんなかを見ていきたいと思います。
RAWファイルは、大きな補正をしてもあまり画質を落とすことなく補正が出来るといわれていますが、それを具体的に実験してみます。

なお、JPEGで保存してそこから補正することもできますが、画質がかなり落ちてしまいます。
その点も検証してみます。

てなわけで、before画像はこれ↓
before1-1.jpg
コントラストが薄く、ホワイトバランスをミスってしまった残念なこれでも夕焼けの画像です。
特に、何でも自動でカメラ任せにすると、こういった失敗も意外と多いと思いますし(自動でやると、色や明るさのバランスを取ろうとして赤みを活かすべき夕焼けのシーンでも思いのほか赤味がでなかったり、暗さを活かしたいところでも露出補正をしないと明るくて味の無い写真になったりすることがカメラにもよりますが多いです)、マニュアルで撮っているのであれば、なおさらうっかり設定ミスをして・・・ということも多いです(これがまた面白いこともあるのですがここでは割愛します)

もしそれで一瞬を逃してしまってその時はがっかりして帰っても、家に帰ってパソコンで値をいじくって編集すれば設定次第で写真がかなり変わってきます。
これがRAW現像の面白さといったところでしょうか。

なお、こういった写真の加工を嫌う人も多いとは思いますが、RAWファイルは、カメラが持っている生のデータです。
それに対して、JPEGファイルで撮ることは、カメラが持っている生のデータを設定に合わせてカメラが勝手に変換して保存していることです。
したがって、RAW現像は、その、カメラが自動で変換して保存しているところを、ソフトを使って自分の思い通りに変換させてることだと言い換えることが出来ると思います。

つまり、カメラで設定出来る程度で設定をいじってRAW現像することを写真加工と言ってしまったら、普通にjpegファイルで撮ることも写真加工をしているということになってしまうと思います。

ここはかなり意見の分かれるところだとは思いますが、私の個人的意見としては、あまりにも極端な補正をしたり何か書き足したり消したりしないのであれば写真と言えると思います。(フォトコンテストでも応募基準はこの程度であることが多いです)

では、after画像は続きを読むから。
スポンサーサイト

Profile

空雄(旧HN:旅音)

Author:空雄(旧HN:旅音)
東京工業大学第5類生

/hidden
詳しいことは↑を見て。

もらって嬉しいもの。
テンプレートに関するおほめの言葉に対しては、喜んですべて目を通させていただいておりますし、それがブログテンプレート製作の原動力にもなっていますが、誠に申し訳ながら返信しておりません(返信するとしたらどうしても決まったパターンでしか返信出来ませんので・・・)。 また、質問に関しても返信が数日遅れることがあります。 その点をご理解いただけると嬉しいです。
最新記事
最新トラックバック
My black history
Category
適当に色々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。